男の人

バックパネルや看板で広告・宣伝のパフォーマンスUP

会議

リサーチ方法も色々

企業の販売戦略に役立つニーズの確認は、マーケティング調査を行なって把握すると良いでしょう。調査方法はインターネットや電話、街頭アンケートなど色んな方法で対応してくれます。

看板

制作業者の見極め

千葉で看板をプロの制作業者へ依頼する場合は、デザインや料金だけでなく法令や条例を把握しているかどうかも見ておく必要があります。規格外や特殊なものを依頼するものも対応有無が変わるので、事前確認をしておきましょう。

大型の広告物

女の人

記者会見などで度々映し出されるバックボードは、企業の名称や商品などが掲載されている大型の広告物です。イベント会場などで使用されるバックパネルは、さり気ないように見えて、PRしたいものをしっかり伝えることができます。ただ、身長よりもはるかに大きい広告物は、なかなか自分達で制作することが難しいもの。こうしたことから、専門業者へ製作依頼されることが多いです。

バックパネルの制作を依頼できる専門会社は、看板やのぼりなどをメインとして取り扱われていることが多く、さまざまな広告や宣伝に使える販促物の制作を請け負ってくれます。こうした専門店なら、どのような場所でPRしたいかをヒアリングした上で対応してくれるので安心してお任せすることができます。

制作会社に依頼をしてバックパネルを制作する場合、制作したいサイズや紙質などを指定した上で見積もりをしておいた方がいいでしょう。バックパネルのような大型の広告物になると、「仕上がりをどのようなイメージにするか」「どのランクの紙質やコーティング加工を行なうか」で大幅に料金が変わってきます。もちろん、予算内で制作費がおさまれば問題ありませんが、適正料金で制作してもらうことを考えることも大事でしょう。また、これらの広告物をコンスタントに依頼される時は、継続利用での割引が適用されるかどうかを見ておくこともポイントです。ちなみに、見積もりは制作サービスのオフィシャルサイト以外でも制作系のポータルサイトで比較できます。ポータルサイトなら、1回の見積もり依頼で複数社の比較ができるから非常に便利です。

手紙

エリアを細かく指定

外部で委託するポスティングは、近隣周辺に住んでいる人をターゲットとした宣伝を行なうのに最適です。また、ターゲット層に合わせた配布や大量配布にも対応しているので、色んな店舗が利用しやすいサービスです。

Copyright © 2016 バックパネルや看板で広告・宣伝のパフォーマンスUP All Rights Reserved.